ダーツを購入する時のポイント

  • 初心者がダーツを購入する時のコツ

    • ダーツを購入するのなら、最低限覚えておきたいことがあります。


      まず、ダーツは「ティップ」「バレル」「シャフト」「フライト」の四つのパーツに分けられ、それぞれに選ぶことが可能です。
      この組み合わせによって、自分だけのダーツにできます。


      まずティップですが、これは的に刺さる部分になるため消耗品です。

      そのため気に入ったものが見つかれば、まとめて何本が購入しておくと良いです。
      選ぶ時のポイントは長さで決めると良く、初心者の場合はポピュラーなものから初めてみましょう。

      ダーツ購入を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      理由は長過ぎると折れやすいですし、短いものは同じ箇所に集中させて当てるグルーピングに不利なのです。

      次にバレルという手に持つ部分で、これには大きく分けて真鍮とタングステンの二種類が売られています。



      どちらを購入するのかは好みになるのですが、プロは後者を選ぶ場合が多いです。

      なぜならある程度の重みがるので、安定して投げやすためです。

      加えて真鍮のバレルと比較すると細身なものが多いので、的の真ん中にダーツを集めやすくなることも選ばれる要因です。シャフトにはショートとインビト、ロングの三種類の長さがあって、決め方は様々です。



      見た目が良いものを選んでも構いません。
      ただ、長いものだと大きくテイクバックをとって投げる人の場合、顔に当たる可能性も出てきます。
      中にはバレルではなくシャフトを持って投げるなら、実際に触れて質感を確かめたいです。
      最後にフライトですが、初めてダーツをするならスタンダードかシェイプが無難です。


      面積が大きいため、安定して飛ばせます。
      他にもカイトやティアドロップ、スーパースリムなどがありますが、これらは少し癖があるので、ある程度慣れてからにしましょう。