ダーツを購入する時のポイント

  • ダーツを購入する際に知っておくこと

    • ダーツは基本的なパーツはボードに刺さる先端部分から順番にティップ、バレル、シャフト、フライトの4つのパーツで構成されています。

      待望のダーツ購入の有益な情報をお届けします。

      4つのパーツはそれぞれ取り外すことが可能で、パーツ毎に自分好みにカスタマイズすることが可能でオリジナリティーと自由度が高いです。

      ティップはボードに刺さる先端部分で消耗品となります。



      バレルはダーツの1番重要な心臓部分に当たるパーツです。

      シャフトは全体のバランスを調整する役割があり、長さや重さや素材などによって全く違う飛び方になります。最後に、フライトは羽根の役割があり、軌道を修正したり飛びを安定させてくれます。

      ダーツを購入するには、「バレル」というセット商品で購入することになります。



      バレルにはバレル3本がセットになっているものが主流で、バレル以外にティップ・シャフト・フライトが付属されています。

      このセットを購入する際の注意することとしては、ダーツの心臓部分であるバレルには「ブラス」と「タングステン」という金属が異なるものが販売されています。

      ブラスは5円玉などに使われている金属で加工しやすく値段も安いため初心者向けの格安セットは基本的にはブラスのものとなります。


      一方でタングステンは高度が高くブラスに比べて重たい金属です。


      この2種類を比較すると、ブラスは軽いためにどうしてもバレルはタングステンよりも太く、長くなってしまいます。
      一般的にダーツを手で細かいコントロールする時には細い物の方がより細かい調整がしやすくなるので素材としてはタングステンの方が優れています。
      そのため、格安で購入するする際はこの点の違いを理解しておくと良いです。