• 相続放棄のメリットと注意点

    相続放棄には、相続によって借金を背負わずに済み、相続争いからも逃れられるメリットがあります。
    遺産には貯金や不動産などのプラスとなるものだけでなく、借金などの負債も含まれており、これらすべてが相続の対象になるため、負債が大きい場合は相続によって損することになります。

    また、自分以外にも相続人がいると争いになることもあります。
    これらを避けるために相続放棄を行います。

    相続放棄すると、次の相続人へ権利が移ります。



    全ての相続人が放棄したときの負債について、相続財産管理人が管理してプラスの財産があれば処分して債権者へ配当します。
    そのため、相続人は被相続人の最後の住所があった管轄の家庭裁判所へ放棄の手続きを行うだけで良く、負債に関しては何もする必要がありません。

    日本経済新聞情報をお探しですか。

    負債を返済する必要もなく、もし債権者が取り立てを続ける場合、違法行為なので司法書士や弁護士に相談して取り立てを禁止することができます。注意点として、相続開始を知ってから3か月以内に手続きを行わなければ全ての遺産を相続するものとされてしまうので、早めに遺産の扱いを決めなければなりません。また、相続放棄すると、住んでいる家が被相続人の財産であれば相続できないので家を失うことになります。

    家を残したい場合、相続人全員に放棄してもらい、相続財産管理人から家を買い取る方法がありますが、必ず買い取れるとは限らないのでリスクがあります。


    プラスの遺産の範囲でマイナスの遺産を相続する限定承認であれば家を残せますが、この場合は他の相続人には相続放棄してもらう必要があります。