• 相続放棄について弁護士に相談

    被相続人が亡くなり、遺産相続人の一人になった場合、そのまますべての遺産と負債を承継する単純承認と負債の範囲で遺産相続を行う限定承認、相続権を放棄することになる相続放棄をするという選択をすることになります。

    遺産相続から3か月を経過してしまうと単純承認をしたものとされてしまうので、負債がどの程度残っているのか把握しきれないような時には、早急に限定承認や相続放棄などを行うことが求められます。

    限定承認を行っておけば、大きな負債を抱えてしまうようなリスクを避けることができますが、相続人が全員で意思表示をしなければならないこともあり、短期間ですべての相続人の意志をしっかりと統一させなければならないので、時間がほとんどないような時には相続放棄を選択しなければならないでしょう。



    遺産や負債については、総額でどの程度のボリュームがあるかは素人ではなかなか把握できないので、専門の資格者などに調査してもらうことが必要になります。



    また、限定承認や相続放棄を行う場合も、弁護士などの法律の専門家からサポートを受けながら行ったほうが、失敗も少なくなるでしょう。



    手続には法的な書類作成や家庭裁判所への書類提出手続きがあるので、滞りなく行うためには弁護士からのサポートはとても重要になります。


    いろいろな細かいことを相談することを考えるとできるだけ自宅から近い場所にある法律事務所を見つけたほうが相談をスムーズに行うことができるのでいろいろと便利です。